{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/17

CROSS ROAD BLUES / Oli Kellett

残り1点

14,300円

送料についてはこちら

イギリス人アーティスト、オリー・ケレット(Oli Kellett)の作品集。作者の代表的シリーズ「CROSS ROAD」からセレクトした33点の写真作品を収録しています。本作は、アメリカが文字通り政治的交差点に立たされた2016年、ロサンゼルスで撮影した作品を起点に、スペインや日本、ブラジル、メキシコなどで撮影されたもの。自然光や神秘的な構成を巧みに用いることで、舞台にあがることのなかった場をまるで映画のように写し出しています。私たちにとって親しみ深い場所であり、人生において感じる緊張感のメタファーでもある交差点を舞台に、人間の精神に対する作者の深い関心を表した一冊。 作者の初モノグラフである本書は、ロンドンの「ハッケルベリー・ファインアート(HackelBury Fine Art)」で開催された個展に伴い刊行されたもの。 - 親しみ深い場所であり、我々が人生において感じる緊張感のメタファーでもある交差点を舞台としている点が、作者のイメージのひとつひとつに含まれるコンテクストである。「私たちはフェイクニュースや政治的対立、アルゴリズムによるエコーチェンバー現象の時代を生きています。オンラインとオフラインでいくつものアイデンティティを持つことにより、私たちのこの世界の体験はばらばらに分裂しています。しかし、交差点は民主的な場です。誰しもが待たないといけないのだから」と作者は語る。 作家で哲学者であるナイジェル・ウォーバートン(Nigel Warburton)が本書の導入部分のエッセイで語るには、「各個人が踏み出そうとしている一歩は、ただ道を渡るというよりも、よほど重大な一歩に見える」のである。 静かな空間やメランコリックな瞬間をもってアメリカの生活を表現したことで知られるアメリカの偉大な画家、エドワード・ホッパー(Edward Hopper)のファンとして、作者は交差点で待つ人々の日常を撮った魅惑的な写真作品を制作し、現代の力強いメタファーを生んだ。 ナチュラルなアート紙に鮮やかに印刷し、厚手のボール紙を濃いグレーの布で包み製本して仕上げられている。 - Pages: 68 Size: 279 x 356 mm hardcover color published by NAZRAELI PRESS, 2023

セール中のアイテム