{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/23

サーキュレーション--日付、場所、行為 / 中平卓馬

残り2点

5,500円

送料についてはこちら

写真家・中平卓馬の作品集。1971年のパリ青年ビエンナーレにて、現地で撮影し、その日のうちに展示するという約1週間の実験的なプロジェクト《Circulation: Date, Place, Events》での展示作品をまとめたもの。本展では、パリの街、そこに行き交う人々や車、さまざまな印刷物、会場に展示中の自らの作品や他の作家たちの作品、地下鉄構内、テレビから流れる映像、ホテルの部屋に運ばれた朝食など、中平はパリで出会ったあらゆる事象を「無差別」に記録し、その日のうちに展示しています。 カメラでとらえた現実を、即時にプリントとして現実に差し戻すという行為そのものが作品だったと言うことができる本展に対して、本書はそのインスタレーションの再現を目的とするものではなく、写真集という別のあり方で、71年のパリでの中平卓馬の視線に触れようとした一冊です。 - 1971年、パリ。世界各国から若い芸術家たちが参加したビエンナーレを舞台に、中平卓馬は「表現とは何か」を問う実験的なプロジェクトを敢行する。「日付」と「場所」に限定された現実を無差別に記録し、ただちに再びそれを現実へと「循環」させるその試みは、自身の写真の方法論を初めて具現化するものだった。 主催者とのいざこざがきっかけで、会期終了2日前に展示したプリントを自ら引き剥がし、作品撤去という苛烈な結末をたどることになったが、帰国直後に執筆したエッセイでは、「この仕事を通じて、少しだけ自分のいうこととやることが一致し始めたことをかすかに感じはじめている」と、自身の写真の方法論を具現化した試みとしてその手応えを語っている。 1970年に60年代半ば以降の作品をまとめた一冊目の写真集『来たるべき言葉のために』を発表した中平は、1973年に刊行された映像評論集『なぜ、植物図鑑か』の表題エッセイで、自身の初期作品を批判的に検証し、大きく転換を図ることを宣言するが、これまでごく一部の内容しか知られていなかったこの1971年の《Circulation: Date, Place, Events》は、まさにその転換の途上での一つの実践だった。 収録テキスト(和英併記) 中平卓馬「写真、一日限りのアクチュアリティ」「現代芸術の疲弊??第7回パリ青年ビエンナーレに参加して」「アフリカから帰る」 八角聡仁「残滓の光学--中平卓馬1971パリ」 - Pages: 320 Size: 209 x 145 mm softcover in slip b&w ISBN:978-4-905254-01-0 Book Design: Kazunari Hattori Published by OSIRIS, 2012

セール中のアイテム