{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

ESP CULTURAL MAGAZINE ISSUE 2

2,200円

送料についてはこちら

東京発・年四回刊行、全編英語テキストの世界市民のためのカルチャー・マガジン『ESP Cultural Magazine』。アートディレクションはエクスペリメンタル・ジェットセット(Experimental Jetset)、編集アドバイザーにはキュレーターのハンス・ウルリッヒ・オブリスト(Hans Ulrich Obrist)、編集長は菅付雅信が務める。 『ESPERANTO Culture Magazine』が2号目から誌名を一新、『ESP Cultural Magazine』(イーエスピー・カルチュラル・マガジン)として刊行。この2号目こそが実質的な創刊号のつもりで制作されており、ページ数も1号目の88ページから144ページに大幅増。印刷も今回からオランダの印刷所で、 本誌のデザインを手がけるアムステルダムのエクスペリメンタル・ジェットセットの監修の元に印刷・製本され、より高いクオリティの仕上がりとなっている。 2号目はアート特集「THE GLITCH IN THE ART SYSTEM」。コロナの時代においてアートとは何かを問う。ハーレムスタジオ美術館のキュレーターであるレガシー・ラッセル(Legacy Russell)の話題の書『Glitch Feminism: A Manifesto』(Verso, 2020)を参考に、アート業界の「グリッチ」を探求する。「グリッチ」とは、システムのミスやバグ、不具合のことであり、レガシー・ラッセルは、欠陥から抑圧的なシステム自体の不具合を見つけ出し、それを解決する中で新たなシステムを構想することを提唱。問題は同時に変革のための鍵でもあるとラッセルは唱える。ラッセルの「グリッチ」の概念を通し、本特集は、デジタルでもありフィジカルでもあるような「曖昧な領域」から既存のアートの枠組みが抱える「不具合」(多様性の欠如や権力の不均衡、莫大な富との結びつきなど)に焦点を当てる。アートコレクターからキュレーター、建築家、経済学者、アーティストまで、アート業界のエコシステムを構築する様々な関係者へのインタビューを通して、これからのアートマーケットのあり方とその構想を探っていき、どのような変革を取り組むべきかを考察する。 寄稿者は、前述のキュレーターのレガシー・ラッセル(Legacy Russell)、世界的キュレーターのハンス・ウルリッヒ・オブリスト。インタビューはパフォーマンス・アーティストのマリーナ・アブラモヴィッチ(Marina Abramović)、アーティストのオラファー・エリアソン(Olafur Eliasson)、北京の私設美術館「X Museum」の若手設立者マイケル・ホゥアン(Michael Xufu Huang)、建築家・ライターのジャック・セルフ(Jack Self)とケラー・イースターリング(Keller Easterling)、映像作家のマンシア・ディアワラ(Manthia Diawara)、社会学者のサラ・ソーントン(Sarah Thornton)、中東初の現代美術のアートセンター「ジャミール・アートセンター」のアントニア・カーヴァー(Antonia Carver)、コレクターの宮津大輔、マダガスカルを拠点とするアーティストのジョエル・アンドリアノメアリソア(Joël Andrianomearisoa)など。オリジナルのイラストはルディー・ゲジ(Rudy Guedj)が手がける。 - softcover 144 pages 270 x 180 mm color, black and white 2021

セール中のアイテム