Daily Practice / Johanna Tagada
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/14

Daily Practice / Johanna Tagada

Last 1

6,380 JPY

About shipping cost

フランス出身のアーティスト、ジョアンナ・タガダが描く、ドローイングやペインティング、コラージュ、テキスタイル、立体造形を含めた111の作品を集めたアーティストブック。労働と対極にあると思われることの多い芸術を、「Daily Practice=日々の実践」によって芸術を日常生活に、また日常生活を芸術に拡張するというジョアンナのスタイルを直感的に受けとることができます。(これを読むとなぜ彼女が「journal du thé」をつくったのか、少しわかる気がします。) 出版はInOtherWordsから、デザインはOK-RM。本書についての説明をする英日仏3ヶ国語表記のテキストが、テーマごとに分けられた作品群を横断するように進みます。一見読みにくいように思われるこの構成が、可変的な制作を行いながらも互いに共鳴するジョアンナの作品に、前後の関係性とストーリー性が生んでいるのはさすがというかなんというか。OK-RMのデザインは読めば読むほどなぜこうでなければならないのか、ちょっとずつ発見があっておもしろく、毎回手を合わせたくなる気持ちに。。 表紙に付属する小さな封筒には、手押しのエンボス加工が施されたカードと、アーティスト直筆のメモが同梱されています。 本屋青旗で開催中の「田中せり展」において、田中せり選書棚のうちの一冊。 - 朝の紅茶を急いで淹れる。 未来のあなたに手紙を書く。 左手がもっと柔軟に動くようにピアノの練習をする。 森へランニングに行く。 日々の行いを日記に書き留めるのは、日常という木の葉に覆い隠されたもう一つの世界を発見するのに似ている。訪れる度に新たな広がりを見せ、細部まではっきりと見てとることができるこの世界に「どうして今まで気がつかなかったのだろう」とあなたは不思議に思うかもしれない。 – ジョアンナ・タガダ hardcover 144 pages 127 x 186 mm color, black and white limited edition of 1,000 copies 2018 published by IN OTHER WORDS